動画編集におすすめのデスクトップパソコン

この記事では「パソコンで動画編集をしたい人」におすすめのデスクトップパソコンをご紹介します。

「結婚式のムービーや思い出の記録に動画を編集したい」

「Youtubeなどで公開する動画を作りたい」

「作品レベルに作り込みたい」

など、動画を編集する目的は様々かと思います。

当サイトでは主にパソコンのことがあまり詳しくない人をターゲットにしています。

出来る限り分かりやすい表現で動画編集に必要なスペックとおすすめのパソコンをご紹介しますので、ご参考頂けますと幸いです。

動画編集にはノートパソコンとデスクトップパソコン、どっちが良い?

デスクトップパソコンとノートパソコンどっちがおすすめ?

程度にもよりますが、動画編集は最もパソコンに負荷がかかる作業のため、基本的にはデスクトップパソコンがおすすめです。

デスクトップパソコンの方が高性能な構成を低価格で実現できますし、そもそも搭載しているCPUがノートとデスクトップでは差があることが多いです。

ノートパソコンはコンパクトさを重視して作られているため、省電力のCPUが搭載されていることが多く、普通のCPUに比べると性能が低い傾向があります。

また、作業する際も、ノートパソコンのモニターでは作業領域としてどうしても限界があるので、しっかり集中して作業するには専用の液晶モニターを利用したほうが良いでしょう。

そうした制作環境を整えるにあたって、デスクトップパソコンの方がコストパフォーマンスは優れています。

動画編集向けのパソコンのスペック

動画編集向けのパソコンのスペック

動画編集作業に関係する主なパソコンのパーツをご紹介します。

CPU

CPU

CPUはパソコンの頭脳と呼ばれる計算処理をつかさどるパーツのことです。

動画編集の場合、色や明るさの調整をするなど複雑な処理を要求するので、Core i5以上を選ぶと良いと思います。

グラフィックカード

グラフィックカード

グラフィックカードは主に映像の処理をつかさどるパーツです。

たとえば、プレビュー機能や、色味や明るさを変えたりした際に反映するスピードなどにグラフィックカードの性能は活かされます。

動画編集は他の作業に比べて映像処理能力を求められます。

特に4K環境で編集を快適に行いたい場合はRTX2070以上がおすすめです。

スライドショーに音楽を付けたり、動画と動画をつなぐくらいの軽めの編集作業ならもっとスペックが低くても大丈夫です。

メモリ

メモリ

メモリはパソコンの作業台のようなもの。

料理で例えるとまな板のようなイメージです。

まな板(メモリ)が大きければ大きいほど扱える食材(データ)が増え、効率的な処理ができます。

動画編集は作業によってかなりメモリを消費します。16GB以上、場合によっては32GB以上あった方が安心でしょう。

ストレージの種類

ストレージはデータやファイルの保管庫です。

代表的なストレージの種類にはHDD(ハードディスク)とSSDがあります。

HDDの特徴

ハードディスク

HDDはハードディスクドライブの略です。安価で大容量のデータを保存できることがメリットです。一方、読み込み書き込みの速度が遅く、衝撃に弱いという点がデメリットです。

SSDの特徴(おすすめ!

SSD

SSDはソリッドステートドライブの略です。立ち上がりが高速で衝撃に強いことがメリットです。一方、価格がHDDより高いことがデメリットです。

少し予算を出せるのであれば、絶対にSSD搭載モデルがおすすめです。

パソコンの電源を付けてからの立ち上がりのスピードがHDDより2倍くらい速く、すごく快適に感じます。

特に大量のデータを扱う人は読み書きの速度が大切なので、動画編集をするなら必ずSSDを搭載しているモデルが良いです。

SSD搭載モデルを使ってしまったらもうHDDに戻れない!」

という声も良く聞きます。

容量は240GB以上がおすすめ。

出来上がった動画は外付けのハードディスクやクラウドのストレージサービスなどに保管すると良いでしょう。

動画編集のレベル

動画編集を行う作業の重たさによって求められるパソコンが変わります。

簡単な動画編集しかしないという人はエントリーレベルで構いませんが、作品を作り込むような本気の人はかなりハイレベルの構成のパソコンを選んだ方が良いでしょう。

作業が軽い順におすすめのデスクトップパソコンをご紹介します。

※ご紹介しているパソコンは仕様等が変更になる可能性があります。購入の際は必ず販売サイトの情報をご確認ください。

① エントリーレベル

静止画をつなげて音楽を付けたり、簡単な動画同士の接続であればそこまで性能は必要としません。目安として以下のようなスペックであれば問題ありません。

おすすめのスペック
  • CPU:Core i5 以上
  • メモリー:8GB 以上

    おすすめデスクトップPC「レイトレック HB(ドスパラ)」

    レイトレック HB(ドスパラ)

    「レイトレック」は大手BTOパソコンメーカー「ドスパラ」のクリエイター向けPCブランド。このモデルはCPUやグラフィックカードの性能が最低限のラインで構成されたエントリーモデル。その分価格が10万円を切っていてかなり安いです。「動画編集ってどんな感じだろう?興味ある!」という人におすすめの入門モデルです。

    このパソコンを見てみるicon

    ② ミドルレベル

    専用の動画ソフトを使い、様々なエフェクトをかけるような凝った編集をしたいと考えている人は、専用のグラフィックカード(GeForceなど)が搭載しているパソコンががおすすめです。

    グラフィックカードとは映像の処理をつかさどるパーツで、グラフィックカードがあることによって、エフェクトを加えた画像が瞬時に表示できたり、拡大・縮小などの負荷がかかる動作をした際にも素早く画像を表示してくれます。

    CPUはCore i7、メモリーは16GB以上あると安心です。

    おすすめのスペック
    • CPU:Core i7以上
    • メモリ:16GB
    • グラフィックカード:RTX2060以上

    おすすめのデスクトップPC「DAIV-A7]

    DAIV-A7

    マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランド「DAIV」。近年、急激に性能を高めたことで話題になったAMD製のCPUと高性能グラフィックカードを搭載。さらに超高速のSSDを搭載しています。幅広く使いやすいスタンダードモデル。

    このパソコンを見てみるicon

    ③ ハイレベル

    4K環境で複雑なエフェクトを駆使し、作品レベルまで動画を仕上げたいプロレベルの作業環境を求めている人は、高性能のグラフィッスカードが必要になります。

    動画編集ソフトの環境にもよありますが、基本的に4Kでの動画編集はビデオメモリ8GB以上が必要になるので、グラフィックカードだとGTX2070以上がおすすめです。

    メモリも32GB以上あった方が良いでしょう。

    おすすめスペック
    • CPU:Core i7以上
    • メモリ:32GB以上
    • グラフィックカード:GTX2070以上

    おすすめデスクトップPC「DAIV-Z9」

    DAIV-DGZ530U2-M2SS-BRAW

    プロの制作環境にも採用されいている有名動画編集ソフト「DaVinci Resolve 」の推奨モデル。その中で最もスペックが高いモデルです。4K以上の高解像度の「Blackmagic RAW」環境でも快適なパフォーマンスが発揮できます。プロレベルの作業環境を構築したい人におすすめの逸品。

    このパソコンを見てみるicon

    自分が考えているよりも少し上のパソコンがおすすめ

    動画編集をしていくと、自分が思っていたよりも複雑な処理をしたくなったり、もっと作品を良くしたい!という想いが出てくるものです。

    そうしたときに、ギリギリの性能のパソコンを買ってしまったのでは、確実に不満が生まれます。

    パソコンは高い買い物なので、後悔したくないですよね。

    買い替えるのも気軽にできないので、最初に買うときに自分には少しオーバースペックかなというくらいのパソコンを買った方が長く快適に使えます。

    上記に掲載したおすすめのデスクトップパソコンは少しオーバースペック気味のモデルを敢えてピックアップしました。

    動画編集向けのデスクトップパソコンが売っているおすすめメーカー

    icon

    パソコンを買うならBTOパソコンメーカーがおすすめです。

    BTOパソコンの大きなメリットは以下の2点。

    • 余計なソフトが入っていないから格安
    • カスタマイズができる

    コストパフォーマンスにこだわるならぜひBTOパソコンメーカーをご検討ください。

    「BTOって何?」

    という方は『やさしく解説!初心者におすすめのBTOパソコンメーカー』をご参考ください。

    1. DAIV(マウスコンピューター)おすすめ!

    マウスコンピューター/DAIV

    マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランド「DAIV」。マウスコンピューターは他のPCメーカーに比べてクリエイター向けのPCに最も力を入れています。ケースのデザインが美しく、選べるラインナップも豊富です。おすすめNo1ブランドです。

    マウスコンピューター(公式)を見る

    2. レイトレック(ドスパラ)

    レイトレック(ドスパラ)

    ドスパラのクリエイター向けPCブランド「レイトレック」。10万円以下の低価格モデルからラインナップされていて、予算が少ない人におすすめです。ケースはベーシックなデザインです。

    ドスパラ(公式)を見る

    いかかでしたでしょうか?

    動画編集をするならモニター環境にもこだわりたいところですね。

    動画編集におすすめのパソコンモニターについては下記の記事をご参考いただけると幸いです。